*

音楽

3歳からはじめるピアノの練習法。音符が読めるようになるオススメの教材はこれ!

投稿日:2018-05-18 更新日:

・3歳になったら少しずつピアノにふれさせたい…

・ジッとしていられないわが子は音楽教室に通えるか不安…

・わたし(母親)はピアノを習ったことがないけど、子供に教えられるかな?

こんなことを思ったことはありませんか?

3歳向けの音楽教室は鍵盤に触れさせて弾かせるというよりは、体を使ってリズム体操をしたりリトミックをするのが主流です。

また、幼い子は人見知りなどでグループに馴染めないということもあるでしょう。

今回はお母さんが自宅でも楽しくお子さんにピアノが教えられるオススメの教材と教え方をご紹介します(^^♪

まずは指番号を覚えよう!

まずはお母さんが指番号を覚えておきましょう。

【みぎて】
・親指=1番=
・人差し指=2番=
・中指=3番=
・薬指=4番=ファ
・小指=5番=

【ひだりて】
・親指=1番=
・人差し指=2番=
・中指=3番=
・薬指=4番=
・小指=5番=ファ

こうでしたよね?覚えていますか?次に音符の確認をしておきましょう。

【両手5本指で弾ける音】

上の段がト音記号(右手)
下の段がヘ音記号(左手)

歌うことからはじめよう!

音楽の楽しさは耳で聞いた歌が誰でもうたえることです。

3歳のお子さんも同じで、お母さんが楽しそうにうたってるのを見て自然に歌を覚えていきますね。

こちらの「うたとピアノの絵本」というテキストは、幼児が興味を持つようにカラフルな「絵」と、親しみのある「うた」と、手書きの「音符」が大変わかりやすく自然に身に付くように作られています。

絵本のような楽譜が子供の心を惹き付けます。

はじめは歌をうたってあげ、マネをさせるところからはじめていきましょう。

うたえるようになったら今度は「ドレミ」でうたっていきます。

「ド」の位置を覚えるためには、下記で紹介しているけんばんボードを使っていくと効果的です。

お母さんが紙けんばんに指をあて、ドレミでうたいながら指を下ろしていきます。同じようにお子さんにも練習させてみましょう。

ゆっくりうたいながら練習しているうちに自然に弾けるように作られているのがこのテキストの良さです。

「うたとピアノの絵本①」は、ド・レ・ミ・ファ・ソの5つの音でできている曲がかわいい絵とうたと音符で構成されています。

左手も弾いてみよう!

右手の1番・2番・3番指(ドレミ)まで弾けるようになったら、今度は左手のテキストに入っていきます。

左手は、右手のの音に左手1番指を置いて順番にド・シ・ラ・ソ・ファと下がっていきます。

こちらも右手同様、はじめは歌をうたいそしてドレミでうたえるようにしていきましょう。

下の楽譜は⑨となっていますね。これは9番目ということなんですが、

9番目まで弾けるようになると、今まで順番にしか弾けなかった指がジグザクとした動きが取れるようになっています。

このようにスムーズな指運びができるように工夫されてるテキストなのでお母さんにとっても教えやすいでしょう。

両手の練習

右手、左手も弾けるようになったらいよいよ両手の練習です。

ト音記号(右手)とヘ音記号(左手)が交互に出てくるので、はじめはどちらの手で弾くのか迷ったりしますが、そのうち慣れてくるとスムーズに移行しながら弾けるようになっていきます。

音符の教え方

「うたとピアノの絵本」の右手⇒左手⇒両手の3冊をすすめながらお遊び感覚で音符を覚えていくといいですね。

3歳はまだ鉛筆がきちんと持てず、丸い円(音符)を書くのが大変苦手です。

こちらはシールになっているので、何度でも貼ったり剥がしたり覚えるまで繰り返し使うことができるので、ストレスにもなりません。

『けんばん・五線ボード(貼ってはがせるシールつき』は、五線ボードや紙けんばん・音符シール・大譜表がセットになっています。

を貼ってみたり

五線ボードには、黒丸のたまを貼ってみたり

シールはお子さんも大好きなので楽しくやってくれるでしょう^^

音符シールをこんな感じに貼って部分練習をさせることもできます。

最後に

3歳のお子さんにはまず興味を持ってもらうことが大切です。

一日のほんのちょっとの合間にお母さんが歌をうたってあげたり、かわいい絵本のような楽譜を使って触れさせてあげると楽しみながら覚えていきます。

今回ご紹介した「うたとピアノと絵本」の3冊のテキストは、3歳児ならすべて終了するのに2年はかかりますので、焦らずにゆっくり繰り返し繰り返し教えていきましょう。

また、なかなか覚えてくれないからとしつこくすると拒否反応を起こしてしまいます。これでは本末転倒ですので、お子さんの状態や体調を見ながらペースに合わせて進めてあげてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

それではまたね♡

こちらの記事も読まれています。

-音楽
-, , , , , ,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.