音楽

「エリーゼのために」はどの位で弾けるようになりますか?

投稿日:2017-09-20 更新日:

こんな曲が弾きたいなぁ・・🎹

憧れのピアノ曲を自分が弾けるようになったらどんなにか素敵なことでしょう♪

男の子と女の子の憧れをいだく曲は、不思議とこの2つの曲に分かれているようです(当教室)。

・男の子「トルコ行進曲」
・女の子「エリーゼのために」

発表会でもお母さんが「エリーゼのためにをぜひこの子に弾かせてください!」と、毎年誰かしら切願されてきます。

さて、この「エリーゼのために」ですが、いったいピアノを習いはじめてからどの位で弾けるようになるものなのでしょうか?

ご質問が多いのでお答えいたします。
*ここでは発表会で弾けるくらいの仕上がりを前提にお話しします

Q.「エリーゼのために」のレベルは?

楽譜でいうと、ブルグミュラーの中盤~後半でがんばれば弾けるようになります。

ですが、曲の仕上がり具合を考えると、ブルグミュラーが終わった頃に練習をはじめる方が、より美しい弾き方ができるようになってくるでしょう。

レベルでいうと、ブルグミュラー終了~ソナチネ前半あたりにはじめるのがベストだと思います。

基本姿勢と手の形をチェックしてみましょう♪

ピアノの基本は、姿勢・手・指の形が大切!これが出来ていないと音は響いてきません。

さ、ピアノのお時間よ!笑。ちょっとシリーズ化しようかなと目論んでるの。ウフ♡ ピアノを習いはじめると一番最初に先生から注意されるのは姿勢・手・指の形。わたしのレッスンでは、ここをかなりしつこく矯正して ...

続きを見る

Q.学年でいうと何年生で弾くのがベスト?

習いはじめた年齢にもよりますが、進度の早い生徒さんなら小学校3年生くらいで弾けます。

それより低学年になると、中盤の弾き方が難しいので技術がまだ追いつかないのと、ペダルの踏み込みが厳しいです。

コンペなどでは高学年に課題曲として出てるくらいなので、高学年がベストではないでしょうか。

もちろん、「エリーゼのために」の時代背景や恋心を抱くベートーベンの気持ちに寄り添った演奏ができるのは中学生以降ですから、その頃の生徒さんが演奏する「エリーゼのために」は、小学生が弾くのとはまた違った演奏になりますね。

 

Q.ピアノを再開したお母さんが弾くなら?

お母さんが子どものころに習っていて、「エリーゼのためにを弾く前の段階で辞めてしまった」、というママさんが割と多いです。

だからなのか、お子さんに憧れを託し弾けるようになってほしいと願っておられるようですね。

そんなお母さんがピアノを再開して独学でやるなら、1~2年で弾けるようになるのではないでしょうか。

小さな頃に見る楽譜と大人になってから見る楽譜は違っていて、意外とすんなり音符が頭の中に入ってきたりします^^

 

Q.ピアノを習ったことがないお父さん・お母さんの場合

まったくピアノの経験がなくて、大人になってから「エリーゼのためにが弾けるようになりたい!」「トルコ行進曲(モーツァルト)が弾けるようになりたい!」と、習いはじめるパパさん・ママさんたちも多いです。

ゼロからのスタートになりますので、まずは音符読みができるようになることからはじまります。

右手・左手が動かせるようになり、両手で簡単な曲が弾けるようになるまでに、だいたい半年~1、2年程かかるかもしれません。

そこから「エリーゼのために」の練習に入るなら、サブテキストでバーナムテクニックやバイエル、ハノンなどから一冊を選び、常に指ならしをしながら練習した方が運指がスムーズに運べます。

練習をよくやってくる方ですと、早くて2年~3年で弾けるようになっていますね。

練習時間が取れない方ですと、4年~5年か、もっとかかかるかもしれません。

「トルコ行進曲」になると更に難易度が高いので、かなり掛かるかもしれません。

大人の方は未知数なのでなんとも言えませんが…💦

Q.レベルが到達してないのに発表会で弾きたいときは

これが多い質問です。

わたしの場合、レベル・年齢とともに見た場合、レベルがまだ到達していなければ諦めてもらいます。

「お子さんが弾きたい」のと「お母さんがお子さんに弾いてもらいたい」のと2つのパターンがありますが、いづれも上記の説明をして「ふさわしい学年になってから素敵な演奏でみんなに聴いてもらいましょう」とお話しします。

この「ふさわしい学年」というのはとても大事で、やりたいからと手当たり次第与えていくのはよくありません。

そのときの年齢に合った曲、レベルというものが、身体的にも感性的にもあるものです。

技術や感性が熟さないうちに手をつけたものは、満足度も足りません。

ふさわしい学年になったら気持ちを音に乗せて表現できる技術も備わってきますからね。

あわてず焦らずじっくりと、です。

・・・こんなところでしょうか。

憧れの曲を目標に日々練習していくのが近道です!

お子さんのピアノの練習でイライラしていたらこちらをお読みください♪

価値観の押し付けは親のエゴの何ものでもありません

  ピアノを習っているお母さんからこんなご質問をいただきます。 お月謝を払って習わせているのに自分から進んで練習せず口答えばっかりです。うちの子はピアノに向いてないんでしょうか? &nbsp ...

続きを見る

いつかの朝ごパンメニュー♬

・オレンジマーマレードのトースト
・パイナップルと巨峰
・冷凍ブルーベリーとヨーグルト
・ベーコン
・じゃがいものチャウダー

これといった作り方はないので、今回のレシピはありません~(笑)

あ、じゃがいものチャウダーは、じゃがいもとたまねぎとベーコンを炒めてコンソメで煮て、牛乳と生クリーム少々と塩コショーで味付けしました。

木製鍵盤の電子ピアノをお探しならこちらをお読みください♪

【失敗しない電子ピアノ選び】木の鍵盤の電子ピアノを買うときの注意点と見極め方

(写真と本文は関係ありません) 前回ピアノの防音対策についてわたしの知っている範囲内で書かせていただきました。 防音対策はこの記事をご覧いただくといろいろ分かると思うのですが、より生ピアノに近いタッチ ...

続きを見る

今日も一日お疲れさまでした。素敵な夢を💫

Good Night~☆

rituka

-音楽
-, ,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.