*

収納

冷凍庫収納は仕切りとゾーン分けでリバウンドなし!ストレスフリーの整理術

投稿日:

みなさんは冷凍庫収納をどうしてますか?

収納術で出ているアイデアを元にいろいろ試してみましたが、リバウンドがなくてストレスフリーになる冷凍庫収納がやっと自分なりに定着してきました。

このやり方にしてからは、ムダな出費が減りいつもスッキリ整理された庫内が保てています。

今回は、冷凍庫の収納をご紹介します。なにかヒントになることがあれば幸いです^^

さあ、ごちゃごちゃな冷凍庫にはおサラバしよう!!

冷凍庫の引き出し(トレイ)収納

わが家の冷蔵庫は真ん中野菜室の東芝のVEGETA(ベジータ)を愛用しています。

 

冷凍庫は一番下の位置。取り出しにくい位置なので、収納は取り出しやすさを第一に考えています。

引き出し(トレイ)の収納はこんな感じ♪

手前の位置に薬味をみじん切りにして100均ケースに入れて常時ストックしています。

みじん切りをするひと手間が地味に時間がかかるので、時短になるこの方法はオススメです。

 

アイスやゼリーは(一年中食べているので)、ケースに入る分だけ買い足しストックしています。

ポタージュなどのスープ類は多めに作ってストックバッグに入れておくと、野菜が足りないときや忙しい朝などに大変便利です。

真ん中のタッパーは、フルーツを細かく切ってありヨーグルトやスイーツ用のお供。

食べきらないフルーツはカットして冷凍保存しておくとムダなく消費できますよ♪

 

冷凍庫は定位置ゾーンを決める!

引き出し(トレイ)を開けるとゾーンごとに分かれているのがわかります。

以前は、ごちゃごちゃになっている冷凍庫内が把握できてなくて、「なにをよく買っているのか?」「なにを多くストックしているのか?」に意識がいきませんでした。

ムダ遣いも多かったので、一度全部出して把握してみることに・・。(食品を多く買うものから順に下がります)

1.魚介類
2.使いかけ
3.冷凍麺
4.加工食品
5.お菓子作り用
6.精肉

魚介類が多いことにビックリ☆

わが家の場合、圧倒的にお肉派なんですが、精肉は食べるときに新鮮なお肉を買いに行くので冷凍にすることはあまりありません。

隅っこにストックできればいい程度ですので、置き場所は少なく。

反対に魚介類は冷凍モノを買うことが多いので、一番大きめのゾーンにしました。

 

使いかけは真ん中の空いたスペースにクリップを留めてIN。

このゾーンを決めて収納するようにしてからは、必ずその場所へストックするようにしているので、多く買い足すこともなく常に整然とした庫内が確保できています。

たとえば、お弁当用の冷凍食品が多かったら“お弁当ゾーン”を作り、必ずそのゾーンの中へストックしておく、とかですね^^

 

仕切り板のブックスタンドは使える!

ゾーンが決まったとこで、どうやって仕切るか?です。

100均のブックスタンドを使ってもいいのですが、固定できないので引き出しを開けるたびにズレてしまいストレスになり止めました。

庫内はやはり庫内専用の収納グッズが適しています

 

こちらを使ってこんな感じに仕切っています!

引き出しを開けるたびにズレることもありませんし、なによりムダなく収納できるのがグッド!

仕切り板は、立てて収納するお助けアイテムですね。

 

横に寝かせるより立たせるメリット

ポイポイ放り込むのは楽なんですが、デメリットは「庫内を把握しにくい」ことと「取り出すのに手間」がかかります。

立たせるメリットというと・・
・取り出しやすくなる
・食材がわかる
・場所をとらない、がさばらない

また、思いがけずブックエンドとブックエンドの間に空きスペースが出来たりします。

 

立たせる収納では生魚やお肉から出る赤い汁モレがありますが、ケースの上に立たせれば汁がモレても掃除の心配はありません。

見ずらいですが、セリアのPPケースが入っています。

まとめ

・食材を把握する
・ゾーンに分ける
・仕切り板を使う
・よく使う食品は引き出しトレイに入れて取り出しやすい位置に置く

マヨネーズやケチャップはこんなところに入れています♩

それではまたね♡

-収納
-, , , , ,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.