*

音楽

どこよりもわかる!【何調かすぐわかる方法②】♯(シャープ)の短調の調べ方

投稿日:

何調か楽譜を見ただけで判断できたら素敵ですよね。

調が判別できる人は昔からピアノやギターなどの音楽教室に通ってる人とか、音楽専門の学校でお勉強をしている人とか…などと思っていませんか。

そんな事はまったくないんですよ。

基本ルールを覚えてしまえば誰でも簡単に判別することができるようになるのです。

今回は、♯(シャープ)がついている短調をご説明しますね♪

これも長調がわかれば簡単に見極めることができちゃうんです!

それではやってみましょー♬

シャープの長調を知りたい方はこちらをご覧ください↓

どんな調号にも必ず長調と短調がある

はい、ここで質問です。♯も♭も付いていない調は、何調だったでしょうか?

すぐに答えられなかった方はこちらをご覧ください♪

答えはハ長調でしたね。

でも、実はもう一つ調が隠れているのです。それが“短調”です。

“長調”“短調”の違いはなにか?というと、『長調は明るい曲』『短調は暗い曲』と分類されます。

何短調かを見るには、長調の短3度下の音がズバリ答えになっているのです。

その前に日本語読みを覚えておきましょう♪

 

短調と長調はセットになっている

たとえば、(ハ)の短3度下(半音ずつ3つ下がっていく)はになります。

を日本語に置き換えるとですね。

短調は長調の短3度(半音3つ)下の音なので、ハ長調ともう一つの調はイ短調だということがわかります。

同様に♯シャープが多くなっても同じ見方をしていきます。

ト長調とホ短調

ファがシャープの調は、ファの半音上の音がソなのでト長調でしたね。

短調はソの短3度下(半音3つ)の音、ミになるのでホ短調となります。

ニ長調とロ短調

同様に最後のシャープはドのシャープですね。

ドシャープの半音上の音はレになるので、二長調ということがわかります。

レの短3度下の音はシですので、ロ短調になります。

イ長調と嬰へ短調

最後のシャープはソのシャープなので、ソシャープの半音上の音はラになるのでイ長調になりますね。

ラの短3度下はファのシャープになるので、シャープは日本語で嬰と読みますから嬰をつけて嬰へ短調となります。

ホ長調と嬰ハ短調

もう、シャープが増えても大丈夫ですよ。

同様に最後のシャープがレのシャープなので半音上の音はミになります。ホ長調ですね。

短3度下がると、ドのシャープになるので嬰を付けて嬰ハ短調となります。

ロ長調と嬰ト短調

どんどん増えてきてもへっちゃら!

最後のシャープはラのシャープですので、半音上の音はシになります。シはロなのでロ長調であることがわかります。

シの短3度下の音はソシャープですので、嬰をつけて嬰ト短調となります。

嬰へ長調と嬰二短調

こんなにシャープがついてると弾く気が失せますね(笑)

最後のシャープがミのシャープなので半音上の音はファのシャープになります。嬰をつけて嬰へ長調ですね。

ファシャープから数えて短3度下の音はレのシャープです。嬰をつけて嬰二短調であることがわかります。

嬰ハ長調と嬰イ短調

7つもシャープがついてると難解に思われますが、もうあなたは何調なのかがわかります♪

最後のシャープがシのシャープなので、半音上の音はドシャープとなり嬰ハ長調になります。

ドシャープから短3度下の音はラのシャープになるので、嬰イ短調となるわけです。

最後に

何短調かを調べるには何長調なのかがわかる必要がありますが、何長調かがわかればあとはそこから半音3つ下がれば何短調かを見つけることができます。

また、長調か短調かの判別の方法は、曲を聴いて明るい曲なら長調、暗い曲なら短調だということ電話わかりますが、楽譜を見ただけで判別するためには和音構成やカデンツなどを見ていきます。

これは簡単な調なら判別も可能ですが、やはりシャープやフラットが多い曲になると全調のスケールやカデンツを習得しなければなりませんね。

とりあえず難しい話は置いといて、今日の今、何短調かがわかったあなたは昨日とは違います!

素晴らしいですよ♬パチパチパチ♬

次回は、フラットの調をご説明しますね。

最後までご覧くださりありがとうございました♡

あなたにおすすめの記事

♪どこよりもわかる!【何調かすぐわかる方法①】♯(シャープ)の長調の調べ方

♪ピアノ初心者でも伴奏が弾ける方法。基本的な和音の仕組みとコードネームを覚えよう!

♪<第2回>基本的なコードネームの読み方と構成音について

-音楽
-, , , , , ,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.