男児育成

子供のお小遣い制をやめたらお金の意識が変わった息子。金銭感覚を身に着けるためにやったこと

投稿日:

Alain Pham

子供に「大切なお金の使い方を学んでほしい」と思うのは、親なら誰もが願っていること。

その一つとして毎月決まった定額のお金をあげる「お小遣い制」があります。

お小遣い制の良さは、与えられたお金の中から自分でやりくりをして覚えさせる、というのが狙いがあったりしますよね。

このお小遣い制って本当に適正なのでしょうか・・。

平均的なお小遣いの相場って?

小さなお子さんを抱えているお父さん、お母さんなら

「いつからお小遣いをあげはじめたらいいのか?」

「年齢に合った適正なお小遣いはどれくらいだろう?」

という疑問が起こり、ネットで検索したりお友達のママに聞いたりすると思います。

 

All Aboutの「子どものおこづかいの相場は?」を見てみましょう。

上記サイトを参考にすると

・小学低中学年の平均‣500円
・小学高学年の平均‣1000~1500円
・中学生の平均‣2500円
・高校生の平均‣5000円

となっています。

 

着目したいのは、お金をいくらあげているかということより、小学生から中学生へ上がると1000円のアップになり、高校生になると5000円もアップしているというところです。

学年が進むとお小遣いも無条件で増えていくという…これ、本当にいいのでしょうか?

・・・

そして、わたしもその様にしていました。

何の根拠もなく学年が上がったという理由でお小遣いも上乗せ

 

毎月入ってくるお金にウハウハになる息子

お小遣いは基本、何に使おうが自由。

でも、その裏には親の考えとして

・与えられたお金はムダ使いをしないように
・本当に欲しいものを買うように
・お金を大事に使ってほしい

という思いがあります。しかし、どうでしょう。

 

息子の使い方を見ていると、とても大事に使っているようには見えません。

お小遣いが入ると「待ってました!」とばかりに一目散に買いに行く始末。飽きるのも早く、買ったモノはすぐにゴミの山となっていきました。

お金が消えていく大きな要因は、

・学校で流行っているモノ
・みんなが持っているモノ

本当に欲しいモノではなく一時の遊び道具のために買い、ブームが終わるとポイ・・という悪い習慣が付いてしまったのです。

 

これでは、お金を捨てているようなもの。

わたしはそんなつもりでお金を渡していたのではありません・・。

 

お小遣い制をやめました

息子にとってのお小遣いとは

毎月自由に使えるお金

という認識。

 

わたし達夫婦のお小遣い制にした本来の目的は、

「お金を管理して大切に使う」ことです。

学年が増すごとにお小遣いを増やしたところで、それがすべてゴミに化けるだけならお小遣い制なんてやめたらいいのです。

や・め・て・やる!

 

さぁ、お小遣いがもらえなくなった息子は大変です!

ずっと我慢をしていたのでしょうが、痺れを切らして「お金ちょうだい」と言って来た時に、何に使うのかを聞いてみました。

息子:「カード」

わたし:「あ、そうね。でも他にもあるじゃない?」

息子:「もっと違うのがないと戦えないの」

わたし:「あそこにカードが山になってるよ?あの山になってるカードをお金に換えたらいくらになると思う?」

息子:「・・・」

当時流行っていた遊戯王やデュエルマスターズのカードです。

 

息子にとっては大事なカード遊びかもしれませんが、大事なお小遣いが勝負ごとにすべて消えてしまうことにも抵抗がありました。

お小遣いだからといって「何でも好きに使っていい」ということはありません。

 

お小遣いは必要なときに渡す

お小遣い制から「欲しいモノ、必要なモノが出たときにお金をあげる」というスタイルに変えました。

だからと言って高価なものを即座に買い与えることはしません。

その場合、ご褒美という形に変えましたが、「待たせる」「我慢させる」という姿勢は、頑張るエネルギーに変わったように思います。

友だちと遊びに行くお金も食事代もその時々であげていました。

 

お金は、必要なときに必要な分だけのお金を渡すということにしたのです。

 

あんなにカード集めに躍起になっていた息子も、自己申告しないとお金がもらえないというシステムしたらバカバカしくなったのか(笑)、他の遊びに変えたようです。

 

お金の大切さをわからせるには

今の時代、ハングリー精神をいくら言っても子供たちには理解できません。

小さな頃から買い与えられてる子どもたちにとって、今はモノに溢れている現代を生きています。

 

親が満員電車で押しつぶされて、毎日ヘトヘトになりながら仕事に行って、大変なストレスを抱えながら仕事をしている

こんなことを想像できるのでしょうか。

 

親が汗水流して稼ぎ出したお金を当たり前のようにもらい、当たり前のように遊び金に消えてしまっていいのか!

 

と、わたしは思ってたので、どんなに大変な思いをしてお金をもらってるのかを話し、お金を渡すときは「パパにありがとうだね!」と、しつこく言っていたように思います。

これは、息子たちも「大事なお金を使っているんだ」という意識に変わり、お金のありがたさが分かってきました。

 

使ってわかる金銭感覚

「お金を使う」というのは、意味によって大きく違ってきます。

・好き勝手に使うお金
・感謝しながら使うお金

お金のありがたみを感じるのは使ってこそ。お金があるからこれが買えるんだ!お金があるから食べたいものが食べられるんだ!

と、本能を満たしたときですね。

 

お金は勝手には湧いてきません。使ってしまえばなくなるのがお金です。

子供がお金を使う時に、ちょっと意識させてみるだけでもお金に対する気持ちや使い方が変わってきたりしますよ。

同じお金の使い方でも、あればあるだけ使ってしまえるお小遣い制より、必要なお金をもらい必要なものを買う、というほうがお金の大切さを感じるのではないでしょうか。

 

最後に

お小遣いって難しいですよね。

結局、平均的と言われる金額を子供に渡しても、「あれやこれや」でまた要求されたりします。

おやつなどの飲食代をお小遣いに含めるのか、学校で使う文具類はどうするのか、といった細かなところはズルズルになってしまいがちなので、お小遣い制にする場合は線引きが必要です。

あと、必要なときにお金を渡すメリットは、子供が何を必要としているのか、何を買っているのかが把握できるところだったりします😊

ではまたね♡

-男児育成
-

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.