SDGs

【SDGsゴミ問題】私たちがでできる〝5つのR〟ゴミを出さない増やさない方法

投稿日:

地球環境を取り戻すSDGs活動を本格的取り組みはじめたritukaです、こんにちは!

SDGsについてはこちらに簡単に書いてます⇒SDGsのバッジを買いました♪バッグに穴をあけずに取り付けた方法とは?

ちょっと前にこちらの本を購入しました♪

ゼロウェイストホーム

少しずつ不要になったモノを処分していますが、この本を読むと「ゴミは限りなくゼロに近づけられる」ということが分かりました。

世界で大反響の『ゼロ・ウェイスト・ホーム』はSDGsが盛んになっていることもあって、大ベストセラーになっています。

私たちができる〝楽しい革命〟が綴られているので、大変参考になる一冊です。

 

では早速、ゴミを出さない【5つR】からご紹介しますね。

1.リフューズ(断る)............. .Ⓡefuse
2.リデュース(減らす)............Ⓡeduce
3.リユース(繰り返し使う)......Ⓡeuse
4.リサイクル(リサイクルする)Ⓡecycle
5.ロット(堆肥化).................Ⓡot

この5つのRを実践していくとゴミは限りなくゼロに近づけられます。

具体的な方法はこんな感じ。

1.リフューズ・Refuse・断る

リフューズは断るということ。

たとえばスーパーへ買い物に行くなら、マイバッグを持っていればレジ袋はもらわなくて済みます。

今はレジ袋を断るとエコポイントが入ったり、数円の割引きがあったりするので、マイバッグを持ち歩く消費者も増えていますよね。

この他にも
・ペットボトル
・プラスチックカップとふた
・ストロー
・プラスチック皿など

世界全体がこれらに変わる製品を作り出したり、プラスチック排除などが行われるようになってきました。

また、ホテルのアメニティや試供品などの無料グッズなど、タダだからもらっちゃおう!という考えを変えて「本当にそれ必要?」と考えるようにしています。

 

2.リデュース・Reduce・減らす

リデュースは減らすということ。

リフューズと近しい関係で、モノを減らすという考え方ですね。

なくてもいいのにあったら便利、とか、とりあえず持っておこう、などの考えをわたしはやめました。

買う前に本当に必要かどうかを見定めているのでモノは増えていません。

それどころか、出費を抑えられるようになったので一石二鳥といったところです。笑

貴重な資源は浪費しないように心がけています。

 

3.リユース・Reuse・繰り返し使う

リユースとは繰り返して使うということ。

リサイクルとリユースは似ていますが、まったくシステムが違うものです。

リユースは、使っていたものをそのまま再利用すること。

たとえば、わが家はパルシステムを利用していますが、パック・ビニール袋・ビンなどはキレイに洗って返却しています。

それがまた洗浄と消毒がきちんとされて再利用されたものを使っています。

リユース瓶

「生協の宅配パルシステム」
安全安心の生協が、インターネットでますます便利・快適に!
お申し込みはココから

4.リサイクル・Recycle・資源化

不要になったものを再生して再利用したり資源にすること。

・アルミ缶はアルミサッシや自動車部品に
・スチール缶は家電や機械に再利用
・ペットボトルは回収して自動車の内装やボトルになる
・紙パックはトイレットペーパーやティッシュぺーになど

資源として新たに生まれ変わるので大切に使いたいですし、 自治体のゴミ出しルールに従って分別して出すことは守りたいものです。

 

5.ロット・Rot・堆肥化

ロットRotとは堆肥化のこと。

溜まる生ゴミは、減らすことができますよ。

わが家は週2回出していた生ゴミが週に1回、出るか出ないかくらいまで減りました。

減らした方法はこれです!

・生ゴミの80%は水分なので乾燥させる
・食べる分だけ買う
・食べ切れる量だけ作る
・残り物はリメイク
・賞味(消費)期限内に食べる

生ごみを乾燥させるのは夏は虫が湧いたり匂いが気になるので賛否両論ありますが、瓶などを押しつけてしっかりプレスするとかなり量が減るのでこの方法もオススメです。

そして、今一番やりたいのが、堆肥づくり!

コンポストは買わなくてもダンボールの中にスプーン1杯の土を入れるだけで、堆肥は作れるそうなんです。

作った堆肥で家庭菜園を作ってみたいし、ガーデニングにも使えるので取り組んでみたいと思ってワクワクしています。

ちなみにCTimeではエキスパートがいらっしゃるので、いつでも分からないことが聞けるので助かります♡

出来そうだなと思ったことから取り組んでいくとゴミは確実に減らせるし、地球環境にやさしいので気づいた時がチャンスですよ!

一緒にやってみませんか?

それではまたね♡

-SDGs
-,

Copyright© ritukaism , 2019 AllRights Reserved.