日記

望んだ道にいけなくても、なにが最善かはわからない

投稿日:2019-03-22 更新日:

3月22日・金曜日

こんばんは!

昨日に引き続き、今日も風の強い一日となりましたね。

 

昨日は夫と散歩へ出かけ、自然の木々たちにパワーをもらってきましたよ♪

公園にはいろんな桜が咲いていて、開花宣言がなくても、咲いてるサクラはたくさんありました。

・熱海寒桜
・コヒガンザクラ
・ケイオウウメ
・プリンセス雅
・マメザクラ

etc…

たくさん写真を撮ったけど、風が強くてどれもこれもボツ…(*´Д`)

今度は、一眼レフを持ってリベンジしてきます!

長男が今年、大学を卒業して就職します。

就活の時期である大学3年から、本人が希望している某テレビ局のインターンの審査に通り、とても喜んでおりました。

 

しかし、人気も倍率も高く、就職できる確率はほんの数パーセント。

結局、最終選考まで残ったものの落ちてしまいました。

 

小学生、中学生、高校生、大学生と過ごした中で、もちろん挫折することもあって、でもそれは経験値として残ったわけですが。

悔しい思いをしながら、その年齢ごとに夢や希望を抱いては目標に向かって進んでいました。

 

ハタチを過ぎ、どんどん自分の能力が現実的に分かってきた中、それでもやりたい仕事にチャレンジして砕け散る…

人生そんなものさ

 

夢=仕事

 

に直結するわけですが、22歳の青年に「夢はあきらめるな」などという、青春の輝きみたいな言葉はもうかけられませんね。

 

現実はそう甘くはないんです。

お陰様で就職は、昨年のうちに無事決まっていました♪ヽ(*´∀`)ノ

 

息子たちの代は就職氷河期はとうに過ぎていて、就活しやすくなってきたとはいえ、それでも何社か落ちています。

 

就職できなかったらどうしよう…

いや、その前に卒業できなかったらどうしよう…

 

と、親の不安は増すばかりでした(笑)

 

希望内の企業様に採用していただき、私たち親はとてもありがたく感謝しています。

今は目の前の仕事に意欲を持ち、やる気に満ち溢れています。

望んだ道にいけなくても、なにが最善かはわかりません

もしかしたら、これが適職なのかもしれません。

 

4月からリーマンになるわけですが、ブログ飯に転職しないことだけを祈ってます。

*こちらよく読まれています*

大学受験まであと少し!半年で偏差値を30以上上げることは可能なのか?

ゴールにして欲しくない大学受験。安全パイを勧める先生に物申す!

センター試験から東大合格までの道のりを振り返ってみる♪

それではまたね♡

 

-日記
-, , ,

Copyright© ritukaism , 2019 AllRights Reserved.