毎日の生活

素敵な器のある暮らし。阿部慎太朗さんの陶器は100年後も生きている

投稿日:2017-08-20 更新日:

器の魅力にハマる

もう素敵な器を見ると、インテリア感覚でお家の中の装飾品として招きたくなるんです。

わたしにとって『素敵な器に囲まれた暮らし』とは、日常づかいはもちろんのこと、「大切にしまって愛でる」という贅沢なものでもあります。

 

フランスのアンティークはよく好んで買うのですが、日本の陶芸家にもフランス食器と遜色変らないエレガントなお皿を製作される方がいらっしゃいます。

それが、“阿部慎太朗さん”

30代の素朴でさっぱりとした素敵な男性なんです。

 

阿部慎太朗さんのコンセプトは、

『100年後、アンティーク食器として流通できるモノを目指して制作しています。』

だそう。

じわりじわりと人気が出てきて、今や入手困難な器として貴重な存在になっているんですね。

 

8/16~21まで伊勢丹新宿本店で企画展があり、なんと初日は『整理券配布・見る時間は10分以内・購入は1点のみ』という上野のパンダなみ!(古いね笑)

人気の高さがうなずけます。

 

ですから、ほしい器を事前に調査して一点狙いで開始時間よりずっとずっと前に並ぶくらいの勢いがないと欲しい目的は達成できないかもしれません。

・・・で、わたしはどうしても都合がつかず、無くなってしまってる(かもしれない)のを承知で3日目にやっと行くことができました。

 

今回は100点用意されていた様ですが、案の定、ほしかったお皿はゲットできず😣

まあ、いつになったら買えるのか、楽しみに待っていようと思います。

さっそくケーキをのせてコーヒータ~イム♬

合わせたケーキは、ユウ ササゲ。

ソラニテ(コーヒーとチョコレートの濃厚な味わい)とシブースト(キャラメルとクリームが絶妙)。

*世田谷区千鳥烏山“パティスリーユウササゲ”

こうして見るとやっぱりかわいいなあ~♡

 

お皿の裏にはブランドネームが入ってます。

阿部慎太朗さんのHP貼っておきますね♪

URL:http://pottershin.exblog.jp/

 

最後まで読んでくださってありがとうございました♡
To be continued……

rituka

 

-毎日の生活
-,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.