毎日の生活

ブログから飛び込んで来たテレビの取材。2度のオファーを受けどっちも断った理由

投稿日:

こんばんわ☆ rituka @ismsweet です。

ワードプレスでサイトを運営してから、もうすぐ3年になろうとしています。

今年は自由スタイルで書いていく日記ブログも開設しました。

その間、なんとテレビの取材を2度も受けることになったのです。

どちらも、ブログやサイトを経由してのオファーでした。

今日は、この2つのオファーについて自分の葛藤と一緒に備忘録として書いていきます。

ZIP ハテナビのオファーについて

本日(10/12)放送のZIPのハテナビコーナーをご覧になられた方がいらっしゃったと思います。

放送内容は、朝ごはんを15分で作りバリエーションにとんだ栄養豊富でおしゃれでな朝食を作っているという特集。

この
・バリエーション豊富
・短時間
・おしゃれ
・豪華な朝食

これが番組の趣旨のようです。

実は、このテレビのオファーを受けたのです。

ブログの問い合わせからメールがきた

さかのぼること2週間くらい前に、ブログの問い合わせからメールをいただきました。

メール内容を載せるか迷いましたが、ritukaの勝手な作り話で書いてるんじゃないか?なんて思われると思うので(笑)、証拠画像を載せますよ。

実はインスタからも来ていたのですが、“イタズラ”だと思いスルーしていました。

しかし、ブログの問い合わせからも来たので、どうやら本当かもしれないと思いはじめたワケです。

この手の騙す手口はいろいろあると聞いていたので、本人確認もインスタ上でいたしました。

まぁ、単純に「写真を使わせてほしい」という内容ではないかと想像して、こちらから指定の番号へ電話。

折り返し電話がかかってきて、こんな話を切り出されたのです。

 

「ハテナビコーナーで朝食を作ってるところを放送したいのでぜひ撮影をお願いできませんか?」という内容。

え?自宅で撮影??ビックリ!!

「わたし以外に素敵な朝食を作られてる方はたくさんいらっしゃるのに、なぜわたしなんですか?」と切り返しました。

「プロっぽい朝食よりもこれならわたしも作れそう、と思える朝食を取り上げたいのです」と。

なるほど~それならわかる。

 

インスタを見るとプロの方が作ったような朝食やインスタ映えのする、ため息が出るようなおしゃれな朝ごはんはたくさんありますよね。

でも、それが「憧れ」で終わってしまうことが多いそうで、そこが番組の趣旨とは違ったようです。

 

時短・おしゃれ・豪華でバリエーション豊かな朝食

わたしがプロの料理人ではないこと、栄養士ではないことを確認され、どんな手際で朝食を作っているのかを聞かれ、ぜひ撮影させてほしいと…。

番組の趣旨は、「時短でおしゃれ・豪華でバリエーションが豊富」な朝食にスポットを当てるそうなので、わたしが作っている朝食は該当しないと断わりました。

ですが、向こうも食い付いてきます。

「盛り付けをどうやったら豪華に見えるのか、でもいいんです!!」

沈黙。ちんもく。チ・ン・モ・ク…

 

この間、わたしの頭の中ではこんなことをグルグル考えていました。

・家を撮影するなら近所も映る ⇒実際映ってた!
・顔がアップで撮られる ⇒すごい至近距離だった!
・家族も映る ⇒息子さんや旦那さんが映ってた!
・家の中が全部全国放映されてしまう ⇒リビングからベランダまで映ってた!

本日の放送でわかりました。

ゲゲゲッッ!!!

 

断りました

尚も食いつかれます。

「4組くらいの予定なので、実際映るのはたったの2~3分程度ですので!」

し~ん。。。

時間じゃありません。1分でも映ったらすべてが分かられてしまうのです。

 

いろいろ考え、一番考えてしまったのがこのブログに影響を及ぼさないか、ということです。

もしかしたらテレビに映ったらフォロワーやアクセス数が増えるかもしれない、でもそれはわたしの望んでいることではありません。

朝食風景がテレビで放送されることで、ブログ自体を朝食メインにしなければならないんじゃないかな?と思ったり。

せっかくの自由気ままに書き綴ってるのに、知り合いにも知られたら、今後書きたいことも書いていけないのではないか…と。

まぁ、考えすぎなんですけれど(笑)

・・・お断りしました。

 

今日の放送では3組の方が美味しそうな朝食を素敵に作られていました。

わたしの出る幕なんてないのです。

 

「マツコの知らない世界」のオファーについて

実はもう一つテレビ局から取材のオファーをいただきました。

『マツコの知らない世界』です。

詳しくは言えませんが、「ある世界」についてのお話でした。

こちらはフェイスブックからメッセージが来たのですが、本当に驚きました。


(一部抜粋)

企画がわたしの興味のある分野であったことと、何となくおもしろそうだということと、なんと言ってもマツコということで、テレビ局まで行ってお話を伺ってきたのです。

なんと驚いたことに最初から最後までビデオカメラを回された状態で話し合いをしたのですよ…💦

わたしの得意分野の内容でしたので、饒舌になって出るわ出るわでちょっと余計なことまでしゃべり過ぎました💧(失笑してたわ)

まぁ、とても楽しい時間を過ごしました☺

 

それから家に帰って家族に相談。

オニーサンは「絶対出て!!」と懇願するし。

夫と次男は「やめておけ」と拒否されるし。

 

わたしの中では、マツコに出てくる方たちはとても個性的でおもしろく、わたしなんかが出る幕じゃないなとここでも思ったのです。

テレビってエンターテイメント性が大事だと思うんですよね。

素人でもおもしろい人はおもしろいわけで、番組が盛り上がるワケです。わたしにはムリ。

結局、企画自体も保留になったようですが、もしまた来たとしても出ることはないでしょう。

 

最後に

集客するためのブログやサイトを運営しているのなら願ってもないチャンスだと思いお引き受けしたかもしれません。

単にテレビに出て顔をさらして話をするなんて、とてもわたしには勇気がありません。

もし、あなたが何かの可能性をモノにしたいと思っていたら、ブログやSNSの発信はやはりとても有効だと思います。

今回2つのテレビ局の方たちと話して思ったのが、あの方たちは常に情報をネットから拾い集めているということです。

TBSの方からは、「誰か気になるブロガーさんがいたら教えてください」と最後に聞かれましたので、おもしろい素人さんを探してるんですね。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

ゆっくりお休みくださいね。

Good Night💫

rituka

 

-毎日の生活
-, ,

Copyright© ritukaism , 2018 AllRights Reserved.